フェラ友達

「人生は冒険か、平凡の2つである。」

フェラの練習台を探している女子大生と待ち合わせをする
女友達と飲んでいた時のことでした。彼女はサキちゃん。彼氏がいて、俺もその彼氏と何回か会っているので俺とサキちゃんが2人で飲んでもそこまで警戒されていなかった。俺も、変なことをするつもりは全くなかった。ところが、酒のせいかサキちゃんが彼氏の不満を話しながら、彼氏に誕生日プレゼントを送りたいのに金がないと愚痴をこぼしていました。さらに「かっちゃんお金頂戴。なんでもするから1万頂戴。」「何でもするならサキちゃんと俺はフェラ友達ではないけれど、今だけフェラ友達になって俺のアレを咥えてくれたら1万あげるよと言ったらやるのか。」「そんなの全然平気。彼氏のをよくやっているから。」「彼氏以外でも良いのか。」「別に最後までしないから平気。」そう言って場所を移そうとお会計をして俺の家に行った。俺の家にも何度か来ているけど、今回は違った意味で来たからドキドキしっぱなしだった。だけど、サキちゃんは平気なのか。部屋についていきなり「早速やるけどあそこ洗ってきてね。」普通に言うサキちゃんに私が翻弄しっぱなし。だけど洗ってパンツ一枚でいると早速脱がせてまずは手コキから始まった。やばいくらいこの動きもかなり良い。気持ちいい。まだ口に咥えていないのにイキそうになる。そして自分の唾液をつけてさらにやり続ける。そしてようやく舌を使った動きになったがこれもマジでやばかった。今まで何人かの人とやったことがあるけれどこんないやらしいのは初めてだった。
クンニ募集
ニューハーフのフェラ友

I BUILT MY SITE FOR FREE USING